1日の覚醒と睡眠のリズム

第一夜 西川リビングが考える「いい眠り」とは

西川リビングが考える「いい眠り(快眠)」とは?

ひとことで言えば、「ぐっすりと眠ってスッキリと目覚める」ことができること。
それを実感できるポイントは3つ。

ひとつ目、
寝入るまでの時間が短いこと。(睡眠潜時が短い)
ふたつ目、
途中で目が覚めないこと。(中途・早朝覚醒が無い)
みっつ目、
朝スッキリと目覚めること。(熟睡感があり、身体に違和感が無い)

「いい眠り」がとれていると、眠っている間にからだの中で充実した毎日を送るために不可欠な様々ないいことが効果的に行われます。

睡眠の役割

現代社会を生きる私たちにとって、「からだ」の疲労と同様に「こころ」の疲労を回復することは大切な意味を持つようになりました。

では、どうしたら「いい眠り」をとることができるのか?

それには眠るための準備をしっかりすることです。その準備は3つの大きな要素に分けることができます。人のからだのこと(睡眠生理)、眠る場所のこと(睡眠環境)、眠るための道具のこと(寝具)。これらを眠ることに適した状態に準備をすることが「いい眠り」をとる大切なポイントになります。

睡眠を構成する要素
HOMEへ戻る
ページTOP