昼の過ごし方 step.01 リズミカルな動きで睡眠ホルモンを作る&増やす

会社でのランチタイムを利用して、キレイ習慣をつけるコツをご紹介しましょう。日中の元気な活動を支えてくれるのは神経ホルモンの「セロトニン」です。セロトニンは夜になると睡眠ホルモン「メラトニン」に変換され、快眠へと誘う働きをしてくれます。つまり日中、できるだけたくさんのセロトニンを分泌させること=睡眠ホルモンも増えるということです。では、どうすればセロトニンの分泌量が増えるのでしょう。その大きな要因の一つは、リズミカルな動きです。具体的には「歩く(元気に歩くと、なお◎!)」「噛む」「歯を磨く」。そんな一連のリズミカルな動きがギュッと凝縮されているのがランチタイムなのです。

よく噛んで食べて、楽しいランチタイムを過ごす

元気に歩いて社員食堂やレストランに向かい、よく噛んで昼食を食べる。なにげなく行っている「噛む」という行為も、セロトニン分泌のための大切な行為です。全代謝の約10%を担う消化・吸収のためのエネルギー「食事誘導性熱代謝」が上がるだけでなく、唾液や消化酵素の分泌を促し、代謝酵素の働きで代謝が上がり、ダイエットにもつながります。そして一人よりも複数でおしゃべりをして、笑いながら食べると、その効果はさらにアップします。仕上げは食後の歯磨き。午後からもすっきりとした笑顔と気分で過ごしましょう!
リズミカルな動きは他にも、エレベーターではなく階段を使う、深呼吸をする、ガムを噛む、家庭でなら、料理をしながらつま先立ちを何度か繰り返す、テレビを見ながら手をグーパーをするなど、手軽にできるキレイ習慣をぜひ、取り入れてみてください。

昼間、適度に疲れることも大切。

人が眠るためのプロセスは二つ、あります。一つは体内時計、もう一つは「疲れたから眠る」です。専門用語では「ホメオスタシス(恒常性維持)」といいます。たとえば、ある人が南極から一気にハワイに移動したとします。非常な気温差があったとしても、人は生きていくことができます。ホメオスタシスが働いて、その場所に適した状態に身体を保とうとする働きがあるからです。睡眠も同じで、眠ることで疲れた心身をニュートラルな状態に戻す作用があります。休みの日に体を動かさずゲームなどをして過ごすと、夜眠れずに月曜の朝がつらいというケースをよく聞きます。体内時計が整っていても日中、なにも活動していなければそういう結果になりがちです。よい眠りのためには昼間の活動で「適度に疲れる」ことも心がけましょう。

キレイの秘密 1日のスケジュール

朝の過ごし方

  • step.01 朝日を浴びて、体内時計をリセット
  • step.02 お水を飲んで目覚めの身体スッキリ
  • step.03 朝食は果物とたんぱく質を組み合わせて
  • step.04 トイレ習慣と眠りの、深~い関係。

昼の過ごし方

  • step.01 リズミカルな動きで睡眠ホルモンを作る&増やす
  • step.02 プチお昼寝で寝不足をなかったことに
  • step.03 小腹がすいた時に食べたい、快眠おやつ3選!
  • step.04 天然の美容液「成長ホルモン」を増やす、お手軽運動習慣

夜の過ごし方

  • step.01 夕食は就寝4時間前、お酒は2時間前までがキレイをつくる
  • step.02 ぐっすり快眠を促す、入浴のコツ
  • step.03 睡眠の質を上げる、就寝1時間前からの照明ルール
  • step.04 心身をストレスから解放する、スリープヨガ&マッサージ

PAGE TOP