昼の過ごし方 step.04 天然の美容液「成長ホルモン」を増やす、お手軽運動習慣

睡眠中、美と健康のために活躍してくれる「成長ホルモン」

みなさんは睡眠中に分泌される「成長ホルモン」をご存知ですか?
成長ホルモンは代謝促進や筋肉の合成に関わるホルモンで、皮膚細胞の新陳代謝を活発にしたり、肌や髪の再生を促すなどの働きがあるため、「天然の美容液」とも呼ばれています。
ところが残念なことにその量は加齢とともに減ってしまいます。いつまでも若々しくキレイでいるために、できる限り減らさずキープしたいですよね?昼間に出来る、成長ホルモンの分泌を促すキレイ習慣をご紹介します。

毎日の運動が成長ホルモン分泌のカギ!

成長ホルモンは1日の総量の約70%が眠っている間に分泌され、特に入眠後の3時間に集中しています。成長ホルモンの分泌を促すためには入眠をスムーズにしてくれる毎日の運動が欠かせません。
心地よい運動は緊張を和らげ、入眠の手助けをしてくれるので日常的に運動している人は運動習慣のない人に比べて深い眠りのノンレム睡眠が多く現れることが分かっています。「そうは言っても毎日ジムに通うなんて無理!」そんな人におススメしたいのが「スクワット5分⇒ウォーキング15分」のキレイ習慣です。

ハードな運動は必要なし!

成長ホルモンをマックスに分泌させる運動法としては、5分間の無酸素運動と、15分間の有酸素運動の組み合わせが理想とされています。
スクワットは全身の筋肉の70%を占める脚の筋肉を増やすことが出来る無酸素運動。基礎代謝を効果的に上げることが出来るためダイエットにもおススメです。ゆっくりと呼吸を吸いながら下がり、はきながら上がる。1セット15回で、小休憩してもう1セット。これで5分です。
15分間の有酸素運動はウォーキングにすれば、毎日の生活に取り入れやすく、習慣化しやすいですよね。
この「スクワット⇒ウォーキング」での嬉しいポイントはスクワットとウォーキングを続けて行う必要がないこと。時間があいてしまっても大丈夫なんです。例えば、仕事の休憩時間など、自分のできるタイミングでスクワットをやっておき、帰宅時に一駅前で電車を降りて歩くなどもOK。ただし、スクワット(無酸素運動)⇒ウォーキング(有酸素運動)の順番は必ず守ってください。
自分の生活に合わせてアレンジし、「スクワット⇒ウォーキング」を是非、今日から取り入れてみましょう。

いつやるのが効果的?

1日で体温が一番高い時間帯は午後6時~8時。この時間帯に「スクワット⇒ウォーキング」を行い、体温をしっかりと上げておくと、覚醒時と睡眠時のメリハリが付きます。こうすることで、入眠がスムーズになり、成長ホルモンの分泌を促すことが出来るのです。

続けることで5年後、10年後もキレイに・・・

普段運動しない人にとっては習慣化することはハードルが高いかもしれません。でも、やるのとやらないのではその人の5年後、10年後の美や健康に必ず差が出てきます。
毎日が無理なら、週末だけでもやる、ということから始め、キレイ習慣につなげていってください。

キレイの秘密 1日のスケジュール

朝の過ごし方

  • step.01 朝日を浴びて、体内時計をリセット
  • step.02 お水を飲んで目覚めの身体スッキリ
  • step.03 朝食は果物とたんぱく質を組み合わせて
  • step.04 トイレ習慣と眠りの、深~い関係。

昼の過ごし方

  • step.01 リズミカルな動きで睡眠ホルモンを作る&増やす
  • step.02 プチお昼寝で寝不足をなかったことに
  • step.03 小腹がすいた時に食べたい、快眠おやつ3選!
  • step.04 天然の美容液「成長ホルモン」を増やす、お手軽運動習慣

夜の過ごし方

  • step.01 夕食は就寝4時間前、お酒は2時間前までがキレイをつくる
  • step.02 ぐっすり快眠を促す、入浴のコツ
  • step.03 睡眠の質を上げる、就寝1時間前からの照明ルール
  • step.04 心身をストレスから解放する、スリープヨガ&マッサージ

PAGE TOP