夜の過ごし方 step.01 夕食は就寝4時間前、お酒は2時間前までがキレイをつくる

睡眠中、美と健康のために活躍してくれるのが「成長ホルモン」です。「天然の美容液」とも呼ばれ、皮膚細胞の新陳代謝を活発にして肌や髪の再生を促し、肌のハリの維持にも役立ちます。食後はどうしても血糖値が高くなり、成長ホルモンの分泌が妨げられます。また、消化器官が活発に動き、内臓や脳の深部体温が上がり、眠りにくくなるという流れができあがります。そのためにも、就寝4時間前までに夕食を食べ終えるのが理想的です。残業をして帰宅後に夕食、その直後に入浴、そしてベッドへ。このような夕食ではなく「夜食」になりがちな生活は、成長ホルモンによるキレイの質がキープできないだけでなく、熟睡感が得られず、翌朝に疲れが残るという悪循環をも引き起こしてしまいます。

お酒は就寝2時間前までが鉄則!!

楽しいお酒は就寝2時間前までが鉄則です。一番避けたいのは、眠れないからお酒を飲むという寝酒、いわゆるナイトキャップ。これは日本人独特の習慣で海外ではあまり見られません。寝酒は「お酒を飲むと寝つきやすい」から「お酒を飲まないと眠れない」に変わり、アルコール依存症になる確率が高くなります。就寝ぎりぎりまで飲むお酒は、利尿作用によって夜中に目が覚め眠気が妨げられる、約4~5時間でアルコールの血中濃度が下がって覚醒し再入眠が難しい、脱水症状で中途覚醒してしまうなどダメージが大きく、天然の美容液「成長ホルモン」の出る良質な睡眠を妨げます。細胞にたまった老廃物の排出もうまくいかず、むくみや慢性疲労にもつながります。お酒をたくさん飲んだから二日酔いになるのではなく、睡眠不良で体調が悪くなっていることも多いのです。

忙しい人のための、分食のススメ。

私のセミナーなどでヒアリングをしていると、午後9時、10時に夕食をとっている人が多いのも事実です。そういう方には「分食」をおすすめしています。午後6時頃におにぎりなどおなかを満たしてくれるものを食べて、帰宅後は野菜スープや春雨スープ、ヨーグルトなど、胃腸に負担がかからないものを軽く食べるという方法です。正常な体内時計では1日3食が理想ですが、どうしても事情があってできない場合は、4回に分けることをすすめる場合もあります。そのときはカップ麺などの加工食品はできる限り避けて、ヘルシーなメニューを意識してください。

キレイの秘密 1日のスケジュール

朝の過ごし方

  • step.01 朝日を浴びて、体内時計をリセット
  • step.02 お水を飲んで目覚めの身体スッキリ
  • step.03 朝食は果物とたんぱく質を組み合わせて
  • step.04 トイレ習慣と眠りの、深~い関係。

昼の過ごし方

  • step.01 リズミカルな動きで睡眠ホルモンを作る&増やす
  • step.02 プチお昼寝で寝不足をなかったことに
  • step.03 小腹がすいた時に食べたい、快眠おやつ3選!
  • step.04 天然の美容液「成長ホルモン」を増やす、お手軽運動習慣

夜の過ごし方

  • step.01 夕食は就寝4時間前、お酒は2時間前までがキレイをつくる
  • step.02 ぐっすり快眠を促す、入浴のコツ
  • step.03 睡眠の質を上げる、就寝1時間前からの照明ルール
  • step.04 心身をストレスから解放する、スリープヨガ&マッサージ

PAGE TOP