西川リビングってどんな会社? OUTLINE

 
季節に合わせて眠りをコーディネート♪季節のおふとんコーデ

春も終わり、過ごしやすい気候になる5・6月。
お休みもたくさんあり、新緑も美しく清々しいこの季節、お出かけをすることも多くなりますよね。しかし、どこに出かけてもたくさんの人で普段より余計に疲れてしまうこともあるのではないでしょうか。また新しい生活の始まりで忙しかった毎日もひと段落し、気分が滅入りやすくなるとき。そして、6月に入ると梅雨も始まりジメジメした日が続くと、より気分も憂鬱になりがち。そんな時はぐっすり眠ってリフレッシュしませんか?

check1.適度な運動で体温調節を/日中の運動で眠りやすい体をつくる。

あたたかくなって体を動かすのにぴったりの季節。
昼間に適度な運動をすると、ぐっすり眠るために必要な体温を下げる作用が働きやすくなります。
なかなか運動をする時間がないという方は、昼間の移動にバスや電車を使わずに、少しの距離ならいつもより早足で歩くなど工夫してみてはどうでしょう。
ただし寝る直前にハードな運動をすると、上がった体温を下げるのに5〜6時間かかってしまうため、軽いストレッチやラジオ体操程度の運動にしておきましょう。

check2.睡眠前には心を落ち着かせて/ハーブティーでリラックス。

4月から新しい生活をはじめた人が、なんとなくやる気が起きず憂鬱になってしまうこともある5月。
そんなときはハーブティーを飲んでリラックスしてゆっくり眠りについてはいかがですか。
甘くリンゴのような香りのカモミールティー。カモミールはリラックスできるハーブとしてよく知られています。心を落ち着かせる効果があり、疲れているときやなかなか眠れないとき、ミルクティーとして飲むのもおすすめです。
リンデンティーは、ほんのり甘い優しい香り。リンデンとは別名「菩提樹」のことで、ここちよいほのかな香りが緊張を和らげ、リラックスさせてくれます。不安や心配事で寝つけないときに心を落ちつけてくれます。

pick up!眠りをさらに楽しむおすすめ特集

眠りで"キレイ"をサポートする月替わりコラム「キレイの秘密」をご紹介します。
眠りと美容によいレシピ。おいしく食べてぐっすり眠って、キレイに。「おいしく眠れる快眠レシピ」をご紹介します。

PAGE TOP