気持ちよく眠るためのコツ

「眠り」はとっても大切!

たっぷり寝てもスッキリしない肩がこる腰が痛い

いずれかが原因かもしれません:残業や徹夜などで、生活が不規則/光や騒音が気になって眠れない/枕やふとんが合っていない→もし睡眠不足が続いたら…

様々な体調不良や病気の原因になることもあります。
また、注意力が低下し、仕事や日常生活でのミスが増え、思わぬ事故につながることも!

たとえば、こんなことに…

  • 倦怠感や頭痛 食欲不振
  • 高血圧
  • うつ病
  • 糖尿病
  • 肌荒れ

気持ちよく眠るためのコツ

体内時計のズレを直すこと
決まった時間に眠れなくても、起きる時間は決めておきましょう。
体内時計が正しく動くようになります。
疲れを感じたら長く眠ること
ストレスで脳や体に疲れがたまったら、いつもより長い睡眠を。
十分な眠りで、生活のリズムを整えます。
朝起きたら、まず光を浴びること
目覚めると同時にカーテンと窓を開け、新鮮な空気を吸い込みましょう。
今日も一日がんばろうという気持ちになれます。
朝食をしっかり食べること
朝、しっかり栄養を摂ることで脳の働きが活発になり、体温を高めます。
同時に体も活性化され、眠気を振り払ってくれます。
寝室はいつもキレイにすること
寝室や寝具は、まめに掃除しましょう。
チリ、埃からくるハウスダストやダニなどの対策はここから。
落ち着いた雰囲気の寝室をつくること
仕事に関するものや、目につくと気になるものは置かないようにしましょう。
また、空気の入れ替えも大切です。
寝具は自分に合うものを選ぶこと
肩に凝りを感じたり、腰が痛いと思ったら、寝具が合っていないかもしれません。
快適な睡眠をするためにも、見直してみましょう。

images

PAGE TOP