羽毛ふとんの選び方

羽毛ふとん選びのポイントは?

「羽毛ふとん」「羽根ふとん」の違いを知ろう

images

通常、ダウンが50%以上のものを「羽毛ふとん」、フェザーが50%以上のものを「羽根ふとん」と呼んでいます。

ダックよりグースのほうが上質です。

images

大きなダウンほど空気をたくさん含みます。
一般的にグースはダックより体が大きいので、ダウンも大きくボリューム感にも優れています。

暖かさのヒミツは「かさ高性」にあり

羽毛ふとんは、同じダウン率表示でもかさに差があります。一般的に、かさが高いほど高品質です。
そこで西川リビングでは、体積表示(ダウンパワー表示)を行い、品質の目安としています。

「かさ高」は、水鳥の種類と羽毛で違うの!?
  • フェザー

    =羽根のこと。芯があり、保温性に劣ります。

  • スモールダウン

    未発達のダウン。小さく、保温性はいまひとつ。

  • ダックダウン

    アヒルの胸毛部分。柔らかいタンポポ状でふんわり、保温性に優れる。

  • グースダウン

    ガチョウの胸毛部分。柔らかく大きなタンポポ状でふんわりはもちろん、保温性が高い。

ダウン率は、品質を測る目安のひとつに。
一般的にダウン率が高ければ高いほど、高品質といわれます。

しかし、ダウンにも種類があり、感触も異なるので、ダウン率だけで品質を判断するのは危険。
選ぶときは、実際手にとり、軽くてボリューム感のあるものを。(ダウンパワーもポイントです。)

選ぶなら立体キルティング加工のものを。

立体キルティング加工とは、羽毛ふとんの中に立体的なマス目をつくる加工法のこと。
羽毛の片寄りを防ぎ、空気をたくさん含むので、保温性も高まります。

通常のキルト構造立体キルティング構造

側生地の素材は、なるべく詳しく載っているものを選ぼう!

羽毛ふとんに使われる側生地は、主に綿、ポリエステル、シルクなど様々な素材があります。
基本的に柔らかい生地を使ったものが好まれます。

例えば、綿100%でも太い糸より細い糸で織った生地、織り方にも平織り、綾織り(ツイル)、朱子織り(サテン)と、順にドレープ性(フィット感)が良くなっていきます。

購入の際は、品質をしっかり確かめて。

水鳥の種類やダウン率、かさ高性(ダウンパワー)、側生地、縫製方法(キルティング加工)など、しっかり手にとり確認しましょう。

西川リビングの羽毛ふとんは、独自の厳しい品質基準をクリアしています

これでふとん選びもバッチリ!

PAGE TOP