羽毛ふとんのお手入れ

スッキリ解決!羽毛ふとんのお手入れ

羽毛ふとんは日干ししてはダメ?

images

月に1〜2度、表と裏をあわせて、1〜2時間程度の日干しをおすすめします。

羽毛は吸湿・発散性に優れているので、頻繁に干す必要はありません。
しかし、保温性を高めたり、日光消毒のため定期的に干してください。
直射日光は、側生地を傷めてしまいます。
掛けふとんカバーをつけたまま干す事をおすすめします。

ダニや虫が心配…
羽毛ふとんからダニや虫が湧くことはありません。

羽毛の原料は、洗浄と熱乾燥処理等により、ゴミの除去や殺菌が徹底されているので安心です。
また、側生地は中からの羽毛の吹き出しを防ぐ「ダウンプルーフ」を施しているため、外からダニが侵入することは、ほぼありません。

汚れたらどうすればいい?
できるだけカバーを付けて汚れを防いで下さい。

もし長く使用していて汚れが目立ってきたら、ドライクリーニングをお願いします。
汚れがひどい場合には、クリーニング店の方と相談いただくことの他に、側生地の仕立て直しサービス(R&R)もご検討ください。

  • 月に1〜2回 日陰干し

    images

    羽毛ふとんは吸湿・発散性に優れているので、頻繁に干す必要はありません。

    10時〜15時の間で片面約1時間を目安に、風通しのよい日陰に干してください。これだけで、ふっくら感が長持ち。

  • 日なたに干すときはカバーリング

    images

    カバーリングして直射日光から守ってください。

    日なたに干すときは、ふとん側生地が傷つくことがあります。

  • カバーリングはこまめに取り替え

    images

    ふとん側生地の傷みを防げ、汚れにくくします。

    毎日使用していると、汗や皮脂が少しずつしみこみ、ふとん側生地が汚れることも。

  • 羽毛の吹き出しに注意!

    images

    針の先ほどの穴でも、羽毛が吹き出すことがあります。

    穴があいてしまったら、付属の補修布を使い、ふせいでください。

  • 羽毛の片寄りに注意

    images

    初期の片寄りは、ふとんの両端をもってパタパタすると、ある程度戻ります。

    縫い目がほつれたり、マチテープがはずれ、羽毛がふとんの端に片寄ることがあります。

  • 保管するときは布に包んで

    images

    羽毛ふとんを長い間保管するときは、陰干しして、通気性のある布に包んでください。

    通気性の悪いケースに入れて保管すると、ムレたり臭いが付きやすくなります。

羽毛ふとんをより長く使い続けていただくために メンテナンスのおおよその目安

側生地の汚れが目立ってきた/3年目 羽毛ふとんのチェック(気持ちよく快適にお使いいただくために、ボリューム感や側生地に破れやほつれがないかチェック。)/5年目 羽毛ふとんのリサイクル&リフォーム 仕立て直し(専用工場で一枚一枚リフォームし、リフレッシュさせます。)/側生地の汚れが目立ってきた/8年目 羽毛ふとんのチェック(3年目と同じくボリューム感と側生地を中心にチェック。)/10年目 買い替えのご検討時期です!

キレイにすると、気持ちよく眠れるよ!

PAGE TOP